FC2ブログ

2019年02月14日

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.2 2度目のコスタネオロマンチカ

2019/ 02/ 14
                 
コスタクルーズ003晴海客船ターミナル

まずはタクシーで晴海客船ターミナルへ。母との旅行では、いつも車を運転して空港へ行っていたので、これはとっても楽チン。空港バスにも成田エクスプレスにも乗ったことがない母は、幸福者です。私が出発前日にお酒を控えめにしたり、帰りのフライトでビールを我慢している事など知る由もなし。元来お姫様体質で、私と妹は子供の頃から丁稚のように遣えてきたので慣れてますが(^◇^;)そんな90歳のお姫様と晴海埠頭に到着しました。

コスタクルーズ004晴海客船ターミナル

コスタクルーズ005晴海客船ターミナル

隣接地が東京オリンピックの選手村になるため解体予定と知って「多分最初で最後の晴海客船ターミナル」と言っていたのに一年も経たず同じ船に乗ることが決まり、また来てしまったけど、今回は本当に最後になるでしょう。

コスタクルーズ006晴海客船ターミナル

ということで、コスタネオロマンチカ2回目のコースは『太平洋周遊1Weekクルーズ』。
東京→神戸→→釜山(韓国)→佐世保(長崎県)→→新宮(和歌山県)→東京という7泊8日のクルーズです。

施設や船の基本的な情報は前に書いているので、端折ります(*゚∀゚*)前回のブログを読んでくださいね。

   ☆コスタネオロマンチカのハナシ → 南国クルーズ夫婦旅

今回は老人連れのクルーズとはどんなものかということを中心にお話しします。

コスタクルーズ007スイートルームバルコニー

乗船するとすぐにお部屋に入ることができたのでバルコニーから外を眺めていたら、バトラー(執事)が挨拶に来ました。名前はマリー。スイートルームには専属バトラーが付いて、色々とお世話をしてくれるのです。

コスタクルーズ008避難訓練

少し休んだら避難訓練。エレベーターは使えないので、11階から9階までゆっくりゆっくり降りました。集合場所で足が悪いと伝えたら、体の不自由な人達だけが座れる場所があり、案内されて一安心。訓練中ずっと立っているのは老人にはツラいでしょう。

コスタクルーズ009ブラスバンド

そして避難訓練後、ブランスバンドに見送られて晴海埠頭を出港。私たちのお部屋は左舷なので、バルコニーから眺めることができました。

コスタクルーズ010晴海1月1月

コスタクルーズ011晴海11月11月

晴海埠頭は東京オリンピックの選手村に変身中。1月にはクレーンやミキサー車が並んでるだけだったのに…、勝どき辺りの高層マンションが隠れてきましたよ。

                                     つづく
                                     VOL.3



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












スポンサーサイト