FC2ブログ

2019年04月

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.12 終日航海〜石窯ピザに夢中

2019/ 04/ 19
                 
コスタクルーズ117ピッツェリアカプリ

クルーズ6日目は終日航海です。

コスタクルーズ118バルコニー

朝からのんびり過ごして、ほとんど部屋の中。イベントにも参加せず、おしゃべりしたり、本を読んだり、お昼寝したりと、私たちなりにクルーズライフを満喫しています。

コスタクルーズ119朝食

初日からずっと続いている朝食スタイルは、レストランから色々と持ってきてお部屋で食べるというセルフ・ルームサービス。スッピンで外へ出ない母は、朝っぱらから支度してレストランへ行くのが面倒だというので、私と妹は食物をセッセと運びます。朝食のルームサービスは無料だけど野菜がないので、ビュッフェレストラン『ジャルディーノ』で調達。90歳にもなれば朝はボーッとしてるし、私も朝から頑張れないので、妹が往復することがほとんどですが…。

コスタクルーズ120ジャルディーノ

昼食はジャルディーノで海を眺めながら楽しみました。

コスタクルーズ121サントロペ

客室は1130号室。主にスイートルームで構成された11階のお部屋はとても便利で、10歩ほど先にある秘密の扉を開けると、プールがある『サントロペ・デッキ』になります。ここでは時々イベントが開催され、晴海埠頭出航時も多くの人々が集まって『セイル・アウエイ・パーティ』で賑わっていました。

コスタクルーズ122サントロペ

プールサイドには『リドバー・サントロペ』があり、バーを挟んだ両側には『グリル・カプリ』と有料レストラン『ピッツェリア・カプリ』。

コスタクルーズ123ジャルディーノジャルディーノ

さらに先に進むと船尾側になり、大人用のブールとジャグジー、バーがある『モンテカルロ・デッキ』、階段を降りると『ジャルディーノ』と、大きな船なのに迷うことなくスムーズに移動できます。

コスタクルーズ124ピッツェリアカプリ

コスタクルーズ125ピッツェリアカプリ

そしてこの日の夕飯はピザ。『ピッツェリア・カプリ』では、石窯焼きピザを提供しています。
これがとても美味しくて、メインレストランでのフルコース料理より気に入って…、いや違うな…。メインレストランは時間がかかるワリに料理がイマイチだったので、率先してピザを選んでいました(^◇^;

コスタクルーズ126ピッツェリアカプリ

反対側にある『グリル・カプリ』からサラダを持ってきて、ビールを注文していただきます。1枚7ドル(税別)と、有料だけど良心的なお値段で、0.5ドルで具の追加が可能。ドルチェも付いてきます。


コスタクルーズ127ピッツェリアカプリ

母は1切れか2切れ食べる程度なので、3人で1枚あれば充分。テイクアウトもできるので、お部屋で食べることも覚えました(^◇^;)
フルコースディナーとビュッフェに飽きたら、ピザを食べてみて下さいね。船のスタッフの中でも一番人気のレストランらしいです。

                                     つづく
                                     VOL.13




☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









スポンサーサイト
                         
                                  
        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.11 佐世保入港〜車椅子でハウステンボス観光

2019/ 04/ 01
                 
コスタクルーズ103ハウステンボスドムトールンドムトールン

クルーズ5日目、佐世保港入港。珍しく8時前に起きたらすでに接岸してました。
釜山〜佐世保間は230km。高速船で約4時間の距離なので、のんびり進んでも明け方には着いてしまうのでしょう。

コスタクルーズ104佐世保バーガーボーイ

佐世保のご当地キャラクターは佐世保バーガーボーイ。あんぱんまんの作者・やなせたかし氏のデザインだということです。

コスタクルーズ105佐世保港

オプショナルツアーは、九十九島とパールシーリゾート/長崎県(109ドル)、平戸観光/長崎県(89ドル)、祐徳稲荷神社と有田ポーセリンパーク/佐賀県(99ドル)と、魅力的な観光地が多い中、私達は自力で『ハウステンボス』へ行くことに。

タクシーで35分、4,500円ほどで到着しました。電車でも行けますよ。

コスタクルーズ106ハウステンボス風車

『ハウステンボス』は、東京ディズニーランドの1.5倍という敷地にオランダを主にヨーロッパの街並みを再現したテーマパークです。入場料は1DAYパスポート7,000円(障害者4,900円)。

コスタクルーズ107ハウステンボス車椅子

広すぎるため母が歩き回るのは無理だとわかっていたので、車椅子予約済みです。コレさえあれば大丈夫(゚∀゚ノノ”☆(゚∀゚ノノ”☆  車椅子予約:ナビダイヤル0570-064-110

コスタクルーズ108ハウステンボス運河

まずはカナルクルーザーに乗って、レストランが集まる『タワーシティ』へ向かいました。カナル(運河)沿いにはヨーロッパにありそうな建物が並んでいて、オランダやベルギーを旅している気分です。

コスタクルーズ109ハウステンボスドムトールン

タワーシティのシンボルタワー・ドムトールンは高さ105m。地上80mの場所に展望室がありエレベーターで上れます。

コスタクルーズ110ハウステンボスドムトールン

山の麓に立つお城のような建物はホテルオークラ。その左側がハウステンボスの入口になります。

コスタクルーズ111ハウステンボスチャンポン

タワーの地下1階がカナルクルーザーの乗降口になっていて、地下から2階まではレストラン街。イタリアン、ラーメン、韓国料理などの専門店とフードコートがありますが…、長崎といえば”ちゃんぽん”でしょ。『悟空』という専門店で野菜たっぷりの長崎ちゃんぽんと皿うどんをいただきました。ちゃんぽんは小籠包とセットで1,500円。美味しいですよ。前回訪問時にトルコライスを食べた『とっとっと』もオススメです。

コスタクルーズ112ハウステンボスお菓子の城

そして『アムステルダムシティ』へ。珍しい輸入食材やワイン、カステラなど長崎の名産品を購入することができて、お土産を選べます。

コスタクルーズ113ハウステンボス佐世保バーガー

もちろん佐世保バーガーもいただきました♪佐世保バーガー認定店『ダム』では1個880円と高額。少々抵抗感はあるものの味見のために3人で1個買いました。母はセットに付いてきたポテトばかり食べていて、バーガーには興味なし。私は一度食べた経験があるので余裕の試食をしたけれど、これ、本当に美味しいです。

コスタクルーズ114ハウステンボスアートガーデン

最後は『アートガーデン』。開催中の『秋バラ祭』が終わり頃だったので、華やかな時期は過ぎていたけど、やっぱりバラは美しいですね。

コスタクルーズ115ハウステンボス観覧車

観覧車に乗って観光終了。観覧車は1DAYパスポートを持っていても有料(600円)でした。

ハウステンボス内は、アトラクションタウン、スリラーシティなどと9つのエリアに分かれていて、様々なアトラクション体験と歌劇やミュージカルを観ることもできるけれど、老人連れ観光はこの位で充分。散策チケット(4,500円)を選んだ方がよかったみたいです(^◇^;)

コスタクルーズ116ハウステンボスサンタクローズ

乗ってきたタクシーが約束通りに迎えにきてくれて、無事に船に戻りました。

出港予定は17時。私達は何をしていたのか?見送りイベントはあったのかしら?と、写真がなくて出港時の様子が全くわからないのだけど、きっと疲れてお昼寝していたのでしょう。
コスタネオロマンチカは1日半かけて和歌山県・新宮へ向かいます。

                                     つづく
                                     VOL.12




☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ