FC2ブログ

2019年11月

        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.24 『コスタ・メディタラニア』バルコニールーム

2019/ 11/ 28
                 
スペイン中東294コスタメディタラニア客室

バルコニーはまだ掃除中だったけど、すぐにお部屋へ入れました。

スペイン中東295コスタメディタラニア客室

こちらはバルコニールーム。クルーズ船の客室は大概同じような造りで、見慣れたレイアウトですが…。ジュニアスイートはソファーがある部分がもっと広くベッドとの間にちょっとした区切りがあってリビングエリアになり、スイートルームは色々なレイアウトがあります。

スペイン中東296コスタメディタラニア客室

スペイン中東297コスタメディタラニア客室

そしてベッドの向こうはバルコニー。私が知る限りでは、コスタクルーズ以外の船のバルコニーで喫煙はできません。10年以上前はタバコに関してもっと寛容だったのだけど、最近はとても厳しくなっていて屋外なのにバルコニーでも喫煙が許されないのです。ホテル同様バレたら罰金!コソコソ吸っても隣室ゲストに「バルコニーがなんかタバコ臭い〜」とチクられたりするらしいし…。

スペイン中東298コスタメディタラニア客室

客室の広さはバルコニー込みで23㎡なので、概ね18㎡くらい(約11畳)です。ホテルの狭めの部屋と同じ位なのに広く感じるのは、バルコニーがあるからでしょう。突き当たりに見えるのが入口で、廊下から扉を開けると右手にバスルーム、左手にクローゼットが備わっています。ソファーの向かいにあるのはライティングディスクと鏡台を兼ね備えたような鏡がある机。イスも装備されているので、お仕事用にもお化粧用にも使えます。

スペイン中東299コスタメディタラニア客室

テレビの下にはセーフティボックスがあり、その下はミニバーエリアで、コップやアイスボックス、有料の水が用意されていて、その下が冷蔵庫。コーヒー&紅茶セットの有無は覚えていないけど、湯沸かしケトルがないのはとても不便で、1日に何度も「ホットウォータープリーズ」とルームサービスを頼んだことが記憶に残っています。コーヒーやお茶類はたっぷり持ち込んでいるし、足らなければビュッフェレストランに様々なティーバックが揃っているので、お湯さえあればいつでも好きなホットドリンクが飲めるのに、標準装備なし。

スペイン中東300コスタメディタラニア客室

そしてバスルームは、これもまた同じようなレイアウトでコンパクトに纏まっています。あ、バスルームが小さいからベッドルームが広く感じるのかも…。バスタブはジュニアスイート以上のみの設備です。

スペイン中東301コスタメディタラニア客室

アメニティは石鹸とシャンプー&ボディソープの液体がシャワールームに備わっているだけ。上質な物ではないので、シャンプーやトリートメント、洗顔フォームなどは、持参した方が良いです。

スペイン中東302コスタメディタラニア客室

客室のお掃除は1日2回。夕食から戻ってくるとキレイになっていて、翌日の案内や招待状などが置かれています。チップはまとめて請求されるので、いちいち渡さなくて良し。でもね、夜中にルームサービスをお願いしたりするとあげたくなるので、ドル紙幣は持っていた方が良いです。(イタリア船なのにコスタの船内通貨はアメリカドル)

スペイン中東303コスタメディタラニア客室

この時コスタクルーズは3回目。翌年日本で2回も利用することになるとは予想してなかったけど、日本発着の船には湯沸かしケトルが設備されています。ルームサービスで届くお湯はぬるくて、堂々と持ち込んだコーヒーやお茶、コッソリ持ち込んだ焼酎のお湯割りをいつものように美味しく飲むことができなかったのが不満でした。私には沸騰したお湯が必要なのよ〜。
 
                                     つづく
                                     VOL.25




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.23 『コスタ・メディタラニア』施設

2019/ 11/ 22
                 
スペイン中東280コスタメディタラニア

コスタ・メディタラニアの施設をご案内しましょう♪
途中からの乗船で6泊だったので、利用した施設は半分以下。

スペイン中東281コスタメディタラニアカジノ

そもそも私たちは”お部屋でのんびり派”なので、数あるイベントには参加せず、様々なショーを開催しているシアターに足を運ぶこともなく、カジノで遊んだのも1晩くらいでした。コスタはバルコニーでタバコを吸えるというのも、引きこもる要因だったけど…。

前年、前々年に乗ったノルウェージャンクルーズとMSCクルーズでは、バルコニーが付いていても喫煙できません。となると、シガーラウンジやオープンデッキ等の指定された場所に通う必要があるため定期的に出かけるようになり、ついでに色々と見たりするのですが。

スペイン中東282コスタメディタラニアSPA

それでも、そんな引きこもりにもお気に入り施設はできましたo(^▽^)o
『ISCHIA SPA』。
施設を見学して説明を聞いてみたら、ジャグジーとサウナは自由に使えるということ。マッサージを予約しなくても利用できるというのです。コレ、皆知らないよね?

ジムが無料なのは何となくわかってると思いますが、スパエリアの施設も無料だと考える人は少ないでしょう。案内は一切なく、インターネットで調べても出てきません。ってゆーか、貴重な情報を公開しているのでは??

スペイン中東283コスタメディタラニア

スパ内の壁には古代ローマ時代のモザイク画・ビキニ水着の少女が描かれています。シチリア島・ピアッツァアルメリーナで訪ねた世界遺産『ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ』で見損なった有名なやつです。本物は床にあるのよね…。

スペイン中東284コスタメディタラニアSPA

もぅ本当に利用する人が少なくて、私はドバイで購入した400円の水着を着て、時には独占状態で何度も利用させていただきました。

スペイン中東285コスタメディタラニア

そしてジャグジーから見えたのが『Olimpia Gym』。2フロア分の大きな窓に囲まれ、海を眺めながらトレーニングをすることができます。

スペイン中東286コスタメディタラニア

スペイン中東287コスタメディタラニア

他にも屋外プールと屋内プール、卓球台やバスケットボールコート、ジョギングトラック他、スポーツ施設も充実。

スペイン中東288コスタメディタラニア

スペイン中東289コスタメディタラニア

スペイン中東290コスタメディタラニア

そして、この船の一番の見どころは2階から10層分が吹き抜けになっているところ。なのに写真を撮り忘れてしまい、小間切れになってしまいました。

スペイン中東291コスタメディタラニア

地中海に生まれた神話がモチーフということで、それなりの装飾もありますが、

スペイン中東292コスタメディタラニア

スペイン中東293コスタメディタラニア

東洋風なエリアがあったり、謎の置物があったりして、うまく解釈できません。

他にもディスコ、ワインバー、図書室、子供用の遊び場やウォータースライダーと、盛り沢山で、海の上なのに大型リゾートホテルよりも充実。
レストランの紹介は食事と共にお届けしますね。

                                     つづく
                                     VOL.24




☆ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ → 南イタリア親子旅行Vol.66
☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.22 クルーズ船、途中乗船でモロッコへ

2019/ 11/ 16
                 
スペイン中東275コスタメディタラニア

日本を離れて11日目。トランジットついでのドバイ滞在後、スペイン国内を転々として旅程の半分が終わりました。そして後半は、マラガからの西地中海クルーズでスタート。

モロッコに行ってみたくて、でもアフリカ大陸って何となく怖くて…。安全でラクな方法はないかと調べてみたけど、スペイン発着の現地ツアーは朝から晩までびっしりとスケジュールが埋まっていて窮屈そう。ツアーは苦手なので個人旅行で行く方法を探ってみました。

アンダルシア地方のアルヘシラス、マラガ、アルメリア等の都市からフェリーで1時間前後、片道5,000円位で行けるみたい。だけど…、公用語はアラブ語とベルベル語ということで、やはり不安がつきまといます。

そんな時、閃いたのがクルーズ船。「そーいえば、モロッコに行く船あったよね?」と思い出し、モロッコに寄港するコスタクルーズを見つけました。バルセロナ発着のクルーズで、10泊11日で巡る西地中海周遊+モロッコ。バルセロナ〜ジェノバ〜マルセイユ〜終日航海〜という最初の4泊を端折って途中から乗船したいと取扱会社にオファーして実現したのです。割引率は悪くて6/10というわけにはいかないけど、安心してモロッコ体験をできることになりました。

スペイン中東255マラガ海岸

ということで、マラガ港からクルーズ船に乗船。
ホテルをチェックアウトしてタクシーで港へ向かいます。

スペイン中東276コスタメディタラニア

クルーズターミナルは前日に通りがかった港の先にあり、5分位で到着。乗船手続きは簡単で、最初にスーツケースを預けます。

スペイン中東277コスタメディタラニア

船の名前は『COSTA MEDITERRANEA(コスタ・メディタラニア)』。メディタラニアとは、イタリア語で地中海という意味です。
全長292.5m、幅32.2m、85,619トンの巨大なイタリア船は、乗船人数2,680人、スタッフは900人居るそう。

スペイン中東278コスタメディタラニア

地中海の神話をモチーフにした内装ということで、遺跡っぽい彫刻が置かれていたりします。

スペイン中東279コスタメディタラニア

マラガ観光に行かないでプールサイドで寛いでいる方々もいっぱい居ました。リピーターなのでしょうね。

                                     つづく
                                     VOL.23




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東

スペイン+中東夫婦旅Vol.21 アルカサバと旧市街inマラガ

2019/ 11/ 08
                 
スペイン中東259マラガアルカサバ


スペインを旅していると街々で出くわすアルカサル。これはお城や宮殿のことで、アラビア語源です。で、マラガにあるのはアルカサバ。アルカサルがちょっと訛ってるワケではなく、『砦』という意味になります。

スペイン中東260マラガアルカサバ

スペイン中東261マラガアルカサバ

ローマ帝国が造った城塞跡にベルベル人(ムーア人)が砦(アルカサバ)を築いたのは11世紀。ここはスペインにあるアルカサバの中で保存状態が一番良いということです。

余談ですが…。
〜〜ベルベル人とは北アフリカの先住民族。ローマ帝国の支配下ではキリスト教徒でした。その後7世紀にアラブ人がエジプトを征服した後、北アフリカ一帯のベルベル人が暮らす領域も支配したため、イスラム教徒に改宗。
そして8世紀、西ゴート王国を滅ぼすためにアフリカ大陸から派遣されてきたのがベルベル人で、イベリア半島はそれから約800年の間イスラム帝国が続きました。〜〜

スペイン王国の歴史よりローマ帝国やイスラム帝国の時代の方が長いのです。

スペイン中東262マラガアルカサバ

スペイン中東263マラガアルカサバ

さて、アルカサバを見学しましょう。美しい幾何学模様を施した建築物とイスラム式庭園を楽しみながら、複雑な階段を上って行きます。

スペイン中東264マラガアルカサバ

レンガと石を組み合わせて造られた壁は興味深く、どうやら私はイスラム芸術が好きなのだと自覚しました。イエスキリストや聖母マリアの像やイコンより、自然を素材にしたモザイク画の方を美しい、と感じます。

スペイン中東265マラガアルカサバ

さらに砦内を歩いていくと、地中海を望む見晴らしの良い場所がいっぱい♪海岸との間に見える円形の建物は、19世紀に造られた『マラゲータ闘牛場』です。

スペイン中東266マラガアルカサバ

城壁は丘の上にあるヒブラルファロ城まで続いている様子ですが、閉鎖されていました。

スペイン中東267マラガ旧市街

そしてアルカサバ麓の旧市街へ。

スペイン中東268マラガカテドラル

スペイン中東269マラガカテドラル

カテドラル(エンカルナシオン大聖堂)は旧市街のランドマーク。レコンキスタによりマラガを支配したカトリック両王の命により、メスキータ(モスク)跡に建設されました。

スペイン中東270マラガエピスコパル宮殿

斜向かいに建つエピスコパル宮殿は、18世紀に建てられたバロック様式の建物。入口の大理石装飾が立派です。

スペイン中東271マラガdelOlivo

近くにピカソ美術館もあるけれど、私たちはレストランへ。多くの飲食店がひしめく中、アンダルシア料理レストラン『LaReservaDelOlibo』を選びました。カテドラルの前の道を西に向かって200mほどの場所にあります。

スペイン中東272マラガdelOlivo

スペイン中東273マラガdelOlivo

ビールとワイン、ロシアサラダ、サラミ、パエリアで69ユーロ。

スペイン中東274ラガdelOlivo

高級そうな店構えだけど、それ程高くなかったです。お酒が安いからかな?

                                     つづく
                                     VOL.22




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ