FC2ブログ

2020年04月

        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.40 眺望◎ナイル川を望む『コンラッドカイロ』

2020/ 04/ 22
                 
スペイン中東499カイロコンラッド眺望

コンラッドカイロは、全てのお部屋がバルコニー付き♪いつでもナイル川を眺めることができる贅沢なホテルです。

スペイン中東500カイロコンラッド

ここは19階のデラックスルーム。デラックスとクラシックの違いは階数だけのようで、デラックスルームは高層階になります。

スペイン中東501カイロコンラッド

41㎡ある広々とした客室は落ち着いた雰囲気で、インテリアの絶妙な配色がおみごと。深めのタンスが設備され、とても使い易くなっています。窓側が三角に飛び出して片面だけに窓があるため、光量が少ないところが気になりますが…、

スペイン中東502カイロコンラッド

スペイン中東503カイロコンラッド

バルコニーがあるので大丈夫o(^-^)ナイル川はドロドロに濁っていると思い込んでいたけど、青く美しいです。

スペイン中東504カイロコンラッド

ミニバーには湯沸かしケトルもあり、入口からの通路には木製のクローゼット。

スペイン中東505カイロコンラッド

クローゼットにはバスローブやセーフティボックス、ランドリーバック、靴磨き、靴べらと、親切に揃っています。が、スリッパがない!
電話して要求すること3回目でようやくスリッパを持ってきましたが、一足だけです。「もうひとつ下さい」と言ったら、「Tomorrow」というお返事。ここは本当にヒルトン系列の最高級クラスに位置づけられているコンラッドホテルなのか?という疑問を抱きました。

スペイン中東506カイロコンラッド

少し古ぼけた感じはありますが、バスルームも広々としています。

スペイン中東507カイロコンラッド

シャワールームは別になっていて嬉しいけれど、水はけが悪く、バスタブの栓も壊れてました。器は良いけどスタッフがダメな感じ。コンラッドという名前を使わない方が良いと思います。

スペイン中東508カイロコンラッド

アメニティは英国を代表するアロマブランド『アロマセラピー・アソシエイツ』。

初めて宿泊する憧れのコンラッドホテルだったので、バスタブに浮かべて遊べるという噂のコンラッドダック(アヒルの人形)やターンダウン時にベッドで待っていてくれるというコンラッドベア(小さなテディベア)を楽しみにしていたのだけど、お目にかかれずに残念でした。

スペイン中東509カイロコンラッド

そしてルームサービスは24時間。しかし、デリバリー料金を取られます。無料で提供される水では足らないためミネラルウォーターを注文したら1L40ポンド(すでに高額)の他にデリバリー代20ポンド+税・サービス料11.5ポンドで71.5ポンドになってしまって、びっくり(゜◇゜)たかが1Lの水が500円程。チップを入れたら600円ですよ。街へ行けば10分の1以下で買えるのではないかと思いますが、街を歩きたくなかったので仕方なし。空港からホテルに直行するなら空港でお水を買いましょうね。事前に何も調べず、ガイドブックも持たずに行ってしまったため現地で驚くことが多かったのだけど、色々と面倒くさそうな国です。

さてさて、このお部屋は5つ星ホテルなのに1泊16,000円。物価が安く、いつもは高くて躊躇してしまうホテルでも気軽に宿泊できるのがエジプトの良いところなので、ワンランク上のホテルを予約できます。

                                     つづく
                                     VOL.41


*1エジプトポンド=6.5円


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆公式ページ → コンラッドカイロ



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.39 ビール醸造所があるイスラム教国・エジプト

2020/ 04/ 18
                 
スペイン中東489カイロコンラッド

ぼったくりタクシーで向かったのは、ナイル川を見下ろすように建つホテル『コンラッドカイロ』。空港から17km、40分位で到着しました。物騒なお国柄からか?ホテルの敷地内にゲートがあり、一旦止められて車のトランクの中を確認後にチェックイン。

スペイン中東490カイロコンラッド

スペイン中東491カイロコンラッド

エントランスに入れば、立派なフロントとヤシの木が植えられたオアシスのようなロビーラウンジがあり、5つ星ホテルならではの優雅な空間になっています。

スペイン中東492カイロコンラッドホテル

中東料理、アジア料理、各国料理など多彩な味を楽しめるレストランは6軒。他には、プール、サウナ、24時間利用可能のフィットネスセンターを備え、カジノも併設しているので、街中に出なくても楽しく過ごせます。

スペイン中東493カイロコンラッドOAK

そんな充実施設の中、ホテル内を探索することもカジノへ行くこともせず、利用した施設はレストラン『OakGrill』のみ。

スペイン中東494カイロコンラッドOAK

レバノン料理のレストランで、絵皿が飾られた入口の雰囲気が気に入ったので選びました。

スペイン中東495カイロコンラッドOAK

スペイン中東496カイロコンラッドOAK

ひよこ豆のスープと子羊のグリル、あと何だっけ?レバノン料理は初めてなので恐る恐る注文したけれど、すべてが美味しかったです。
トルコ料理のようなギリシャ料理のような、モロッコ料理のような…、地中海風の味わいでオリーブオイルやハーブ、ヨーグルト、レモンを使って調理。重厚感のあるパンもモロッコのホブスによく似ていました。

スペイン中東497エジプトビール

ここでちょっとビールのお話しを。
エジプト国内産ビールの代表は、SAKARAとSTELLA。アルコールを忌み嫌うイスラム教国なのにビールを醸造しているというのは、どういうことなのか不思議だったので調べてみました。エジプトのビールは紀元前3000年頃から醸造されていたといわれ、エジプト神話にも出てくるということ。古代エジプトでは日常的にビールが飲まれていたらしいです。エジプトがイスラム帝国に征服されてウマイヤ朝の一部になったのは7世紀。紀元前5000年頃からの歴史を思えば、イスラム化したのはたかが1400年ということになりますね。だからこそ飲酒にも寛容なのかも知れません。

スペイン中東498カイロコンラッドロビー

さて、優雅な気分でチェックインを終えてソファー席に案内され、ピラミッド観光の営業を受けました。「ピラミッドへ行く予定ならタクシーを手配しませんか?」という話。ぼったくりタクシーの運転手は40ドルでチャーターできると言ってたけど、こちらは50ドル(ノーマルタイプの料金。ちょっと良いリムジンタイプは60ドル)で送迎するという話です。ギザにあるピラミッド観光の会社に案内して、ホテルに戻ってくるということ。現地では乗馬でのピラミッド観光が1人100ドルというのです。何でドルなんだ?とは思いながらもホテル手配なら安心。バスや電車でギザへ行って交渉すればもっと安くなるかも知れないけれど、交渉が面倒くさいし、ホテルのお墨付きなら誘拐される心配もないのでお願いしました。

さぁお部屋に行きましょう♪

                                     つづく
                                     VOL.40






☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅
☆カサブランカでモロッコ料理 → スペイン+中東夫婦旅Vol.30




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.38 はじめてのエジプト入国

2020/ 04/ 12
                 
スペイン中東483カイロ空港

20時30分、カイロ国際空港に到着しました。フライト時間は2時間、ギリシャとの時差は-1時間。え?カイロの方が日本に近いのになぜマイナスになるのかというと、ギリシャとエジプトは同じタイムゾーンにありながら、エジプトにはサマータイムがないので時差が生じてしまうのです。もぅ世界からサマータイムをなくして欲しい。

さて、入国審査で「ビザを出せ」と言われ、ここで初めてビザが必要だと知る私(・・;)

スペイン中東484ジプトビザ

エジプト入国にはビザが必要な為「戻って手続きをしてこい」と言われたので辿ってきた道を戻って銀行の窓口で観光ビザを取得しました。料金は25USドルだけど、ドルは持ってないのでユーロで支払うと伝えたら25ユーロと、おつりなし。エジプトに行くなら米ドルを持ち歩いた方が良いみたいです。ってゆーか、なんで皆こんなに横柄なの?

スペイン中東485カイロ空港

ようやくエジプトへの入国手続きが終わり、空港外に出ると、どんよりした空気の中にうさんくさいタクシーの客引きがウヨウヨ居ます。とりあえず一服していると「タクシー?」と言いながら近寄ってくる怪しげな客引き達。「どこのホテルか?」との問いかけを無視しても、ずっと寄り添っているので「コンラッドホテルまでHow much?」と聞いてみたら「400エジプトポンド」。
「高い!」(一応英語で)と言って振り払うと、次の客引きが近寄ってくるという繰り返しを何度か続けて、再び空港内に入ったらタクシー攻撃は収まりました。

スペイン中東486カイロ空港

主人がエジプトのSIMを購入したり、ATMでエジプトポンドを引き出したりしている間、私は2つのスーツケースをがっちり守りベンチに座っていたのですが…、最初に声をかけてきた客引きが近付いて、話しかけてきました。300エジプトポンドにすると言ってますよ。他の人は来ないので、最初に声をかけた人が優先というようなルールがあるのでしょう。多分。

スペイン中東487カイロ空港

あー、ホテルの送迎とかオプショナルツアーでの送迎を調べることもせず「空港に着けばどうにかなる」と思っていた私は大バカ者です。空港の外に出たら再び客引きに取り囲まれるのか……と、エジプトに来たことを激しく後悔しながら、荷物番をしていました。

そして用事を済ませてきた主人は「最初のアイツでいいじゃん」と軽〜く決定。だからといって言い値を受け入れるのはイヤなので、交渉の結果240エジプトポンド(約1,600円)まで下がりました。相場が80〜120ということは調査済だけど、早くホテルへ行きたいから妥協。2倍でもたいした金額ではないのでぼったくられてあげましょう。

スペイン中東488カイロ空港

何て書いてあるのか全くわからないけど、とりあえず証拠写真。良い人でしたよ(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.39


*1エジプトポンド=6.5円


☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



                         
                                  
        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.37 大好きな街アテネから未知の街カイロへ

2020/ 04/ 06
                 
スペイン中東469アテネ旧市街

そして来た道を戻らず、アクロポリスの丘の麓を一周してホテルへ戻ることになりました。

スペイン中東470アテネ旧市街

スペイン中東471アテネ旧市街

可愛いらしい教会や街並みをじっくり写真に収めたかったけど、あまり時間がなかったので歩きながら撮影。ここら辺、いつかゆっくり歩いてみたいな。

スペイン中東472アテネPsaras

さて、プラカの街をゆるやかに下りながら歩いていくと、道路だけでなく階段まで客席に使っているお店に出くわしたので休憩。

スペイン中東473アテネPsaras

『Psaras』というタベルナです。

スペイン中東474アテネPsaras

さっそくアンチョビのフリッタとギリシャビールで乾杯。

スペイン中東475アテネPsaras

このザジキ(Tzarziki)というギリシャ料理は、ヨーグルトソースにオリーブオイルを混ぜたものでパンやフライにつけて食べます。さっぱりとした味わいで美味しい♥

スペイン中東476アテネ旧市街

続く帰り道にも素敵なカフェがいっぱいあったけど、グッとこらえてホテルへ向かいました。約束の時間より早めに戻ったのに、お迎えタクシーが停車中。空港からホテルへ向かった時に利用した運転手と約束したタクシーです。

スペイン中東477アテネ空港

ホテルからエレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港まで30分位。

スペイン中東478アテネ空港ラウンジ

スペイン中東479アテネ空港ラウンジ

出国審査後、プライオリティパスを使えるラウンジが2件並んでいたので、手前にある『Skyserv』を利用しました。あとで調べたらもう一方の『GoldairHandlingLounge』の方が評判が良かったので、失敗。

スペイン中東480アテネ空港ラウンジ

雰囲気はいいのだけど食物が少々ショボい…。ビールやワイン以外のアルコール類も種類が少ないように思います。

スペイン中東481エジプト航空

そしてエジプト航空でカイロへ。初めてのエジプトです。

スペイン中東483エジプト航空機内食

夕食用としてきた機内食はあまり食べたくない感じ。青色の、特に彩度の低い食器に洋食というのは、食欲を減退させる色ですよ(・・;)LCCでもないのに、プラスティックのコップから漂うチープさもイヤ。さらにエジプトはイスラム教国なのでアルコールの提供はありません。エジプト航空、再び選ぶことはないでしょう。

                                     つづく
                                     VOL.38




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ