FC2ブログ

2020年07月

        
category - 2018年9月トルコ+中欧《更新中♪》

トルコ+中欧夫婦旅Vol.5 熱気球が目の前に!バルコニー付き客室が最高

2020/ 07/ 01
                 
トルコ_中欧039アリフケーブホテル気球

ギョレメの洞窟ホテルに滞在してわかったことは、バルコニー付きが欠かせない条件だということ。

トルコ_中欧040アリフケーブホテル気球

早朝、窓の外から聞こえるゴーッという音で目覚め、寝ぼけながらバルコニーに出てみると、気球がふわふわ〜。奇岩に朝日があたる美しい朝焼けの中に熱気球が漂っています。

トルコ_中欧041アリフケーブホテル気球

熱気球ツアーは朝日を眺めるものが人気だと聞いていたけど、まさかバルコニーからの眺めがこんなに壮観だとは思ってなかったので、興奮状態。

トルコ_中欧042アリフケーブホテル気球

空気を温めるバーナーの炎と乗っている人々の顔が目視できるほど近寄ってくるので、夢中で写真を撮ったり、手を振ったりしていました。

トルコ_中欧043アリフケーブホテル気球

果てしない大空に熱気球が浮かぶその光景は、いつまでも眺めていられそう。時間が経つにつれてどんどん増えていき、数えてみたら40機以上ありました。

ホテルにテラスがあればこのような光景を眺める事はできます。テラスがなくても屋外に出ればどこからでも見えるでしょう。しかしお部屋に居るまま観賞できるのはバルコニー付きだからこそ。ギョレメの洞窟ホテルを手配するなら、バルコニー付きの客室を選ぶことをおすすめします。こちらアリフケーブホテルにも窓だけのお部屋があるので、予約する時は気をつけてくださいね。

トルコ_中欧044アリフケーブホテル気球

そして実はこの時…、カッパドキアでは気球に乗るのが当たり前だと思っている主人を、乗らない方向へどうやって説得しようかという小さな悩みがありました。私は高所恐怖症だし、前年に死亡事故があったということで怖い。でもこんなの見ちゃうと「ちょっと乗ってみようかな?」という気分になってしまいましたが…。やっぱり無理。怖いです(。・・。)

トルコ_中欧045ギョレメサンセットポイント

さてもうひとつ、サンライズついでにご紹介。
宿泊したアリフケーブホテルは、かなり高所に位置しているため、ホテル前の坂道を3分程上って行くだけでサンライズポイントがあります。

トルコ_中欧046ギョレメサンセットポイント

持っていたガイドブックには記されてなかったけれど、眺望抜群の場所。

トルコ_中欧047ギョレメサンセットポイント

私が行ったときは観光客が居なかったけれど、朝は賑やかなのでしょう。カフェと土産物屋、ゲームコーナーがありました。

トルコ_中欧048ギョレメサンセットポイント

この絶景を眺めながら「これで気球に乗った気分になれるね」とささやいてみたけど、気分じゃなくて乗りたいのだというお返事。困った(^◇^;)

                            つづく




☆もくじはコチラ → トルコ+中欧夫婦旅





   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




スポンサーサイト