Article

        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.18 『リスボン大聖堂』

2015/ 08/ 27
                 
ポルトガル059リスボン大聖堂

市電28番がこの先どこへ辿り着くのか、よくわからないので引き返し、
『リスボン大聖堂(カテドラル)』で下車しました。

ポルトガル060リスボン大聖堂

8世紀以降イスラム教徒(ムーア人)に支配されていたリスボンですが、
1147年、アルフォンソ・エンリケス(初代ポルトガル王アルフォンソ1世)が
率いる軍が奪還。同年、もともとモスクがあった場所に建て始めたという、
リスボン市内で最も古い教会です。

ポルトガル061大聖堂バラ窓

華やかなバラ窓をかかげるロマネスク様式だけれど、重々しい雰囲気を
感じるのは、要塞としても使われていたから。
ステンドグラスからの優しい光が薄暗い聖堂内を明るくしています。

ポルトガル062リスボン大聖堂

ゴシック様式の回廊が増築されたのは13世紀後半。
14世紀から16世紀に幾度か地震に遭い、その後の1755年の大地震で
大部分が損壊し、大がかりな修復をして現在の姿になったということです。

ポルトガル063リスボン大聖堂

主祭壇には、左右にパイプオルガンが置かれ、荘厳な雰囲気。

ポルトガル064リスボン大聖堂

ポルトガル065リスボン大聖堂

側廊にあるステンドグラスは、聖ヴィセンテと聖アントニオを描いたもので、
どちらもリスボンの守護聖人です。
聖アントニオといえば、昨年パドヴァ(イタリア)でお勉強したあの人♥

ポルトガル066聖アントニオ教会

リスボン大聖堂の足元に『聖アントニオ教会』があります。

見学したいけど…、お母様は疲れてるし、おまけに雨が降ってきて、
ホテルに帰りたそうだったので、急いで路面電車に乗ることに。
最初に乗ったエストレーラ駅を通り過ぎて終点まで行ったものの、
タクシーは見当たらなく、雨がザンザン降り続けているので、
同じ駅に来た市電25番に乗って、違うルートを走りました。

やがて小降りになったのでバイシャ地区で降り、タクシーに乗って…、
しばらくすると……!運転手が大声で歌い始めちゃった( ・∀・)

「ファド?」
「そうだよ。ファドは聴きに行ったかい?」
「昨日着いたばかりだから、まだ」
「じゃあ今晩聴きにおいでよ!」

彼の名はカルロス。夜はアルファマ地区のファド・レストランで歌っている
というのです。明日の夜はファド鑑賞に決定♪

                              つづく
                              VOL.19





☆パドヴァの聖アントニオ教会 → 地中海クルーズ親子旅Vol.87
☆アルベロベッロの聖アントニオ教会 → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆マカオの聖アントニオ教会 → マカオ親子旅行Vol.8




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


















関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント