FC2ブログ

Article

        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.38 タクシーで!?古都エヴォラへ

2016/ 01/ 19
                 
リスボン滞在の終わりが近付いてきた7日目の目的地は『エヴォラ歴史地区』
という世界遺産です。 オリエンテ駅から電車で1時間40分。と、調べていた
ところ「今日もストライキしてないかしらねぇ〜」と、母が言いました。
昨日ポルトガルでのタクシー観光が安いことを知り、
しかもとても楽チンな事を思い出しての発言です。
私も同じこと考えていたんだけどね…。

そんなワケでホテル前でタクシーに乗り、
「エヴォラ往復How much?」と、いきなり聞いてみたら、
「120ユーロ+高速道路料金」だと言われ、とりあえず値切って、
「100ユーロ+高速道路料金」で交渉成立。今日もタクシー観光になりました〜♪

ポルトガル224橋

ドライバーの名前はアウグストゥス。大きな岩みたいなおじさんです(*^▽^*)
昨日テージョ川クルーズでくぐった『4月25日橋』を走ると、ベレンの塔と
発見のモニュメントが右手に小さ〜く見えます。

ポルトガル225クリストレイピンぼけ(o_ _)o

そして左手前方には『クリスト・レイ』。昨日はありんこ位にしか見えなかった
キリストの姿を間近に眺めながら、リスボン南東部にあるアレンテージョ地区へ
向かいました。

スペインから流れるテージョ川は、ポルトガルを横切って大西洋に辿り着くので、
その南側の地域を「テージョ川の彼方」と呼んだ言葉が”アレンテージョ”。

ポルトガル226コルク樫

オリーブやコルク樫、小麦畑が広がるのどかな地域で、目指すエヴォラは
ローマ時代から栄えていた、アレンテージョの中心地です。

ポルトガルはコルク生産量が世界一だということで、コルク樫を栽培している
土地が多くて緑がいっぱい。で、この樹から採れるどんぐりが大好物なのが……
トトロ♪ではなく、イベリコ豚なのです。
豚でも人間でも天然植物だけ食べていれば、美味しくなるのかしらね〜。

ポルトガル227エヴォラ

流れる景色を眺めながらそんな話をしていたら、『ジラルド広場』に到着。
ホテルから50分位でした。

                              つづく
                              VOL.39


☆現地発着ツアー → 世界の仲間と巡る旅☆世界遺産エヴォラ 1日ツアー<英語混載ツアー/火・土/終日/リスボン発>





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント