FC2ブログ

Article

        
category - 2012年9月ポルトガル・ミュンヘン

ポルトガル親子旅行Vol.48 幸せを呼ぶ鶏『ガロ』

2016/ 03/ 26
                 
エレベーターを下りてカフェで休憩後、リスボンで最も賑やかな広場といわれる
ロシオ広場まで歩きました。

ポルトガル302ロシオ広場

正式名は『ドン・ペドロ4世広場』。
銅像になっているペドロ4世とは、エストレーラ大聖堂を建て、ブラジルに
亡命したマリア1世の孫で、初代ブラジル皇帝(ブラジルではペドロ1世) 。
短い間だけど、ポルトガル国王も兼任してました。
周辺にはおみやげ物屋が沢山あり、ついつい店内を覗いてしまいます。

ポルトガル303ガロ

そしてポルトガル土産といえば『ガロ』。
幸運を呼ぶといわれているニワトリです。マカオにも並んでますね。
これはポルトガルの伝統的な民芸品で、絵付けはハンドメイド。
ガロはポルトガル語で『雄鶏』という意味があるそうです。

ポルトガル304ガロ

昔々……、スペインの巡礼地サンチャゴ・コンポステーラに向かっていた青年が
宿場町バルセロスに泊まっていた時の出来事。
青年は銀貨を盗んだという無実の罪を着せられて、絞首刑に決定してしまいました。
執行日の前日、もう一度無実を証明したいと、判事の家に連れて行ってもらい、
テーブルの上にあるローストチキンを指して
「明日の朝無実の証拠として聖母マリアが奇跡を起こし、この雄鶏が鳴くだろう」
と宣言。翌朝丸焼きになっていた雄鶏が「コケコッコー♪」と鳴いたため、
青年は釈放されました。……、という信じがたい伝説が由来だそう。

「幸せを呼ぶ」と聞けば、買わずにはいられませんね。

ポルトガル305飛行機から

これでリスボン滞在8泊9日の親子旅行は無事終了。
幸せを大量購入して、TAP航空でミュンヘン(ドイツ)に向かいますo(^▽^)o

                              つづく
                              VOL.49



☆マリア1世について → ポルトガル親子旅行Vol.13




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント