Article

        
category - 2016年マカオ

マカオ親子旅行Vol.8 世界遺産『聖アントニオ教会』

2016/ 11/ 25
                 
さて、最初のマカオ観光は世界遺産巡りです。
大した物がなくていつもがっかりするクセに、ついつい行ってみたくなる
マカオの世界遺産へ向かいました。

マカオ6046聖アントニオ教会

まずは『聖アントニオ教会』へ。
16世紀にイエズス会修道士が最初の拠点を置いた、マカオで最も古い教会です。
小さな礼拝堂の跡地に石造りの教会が建てられたのは1638年、以来何度か
火災に遭い、現在のネオ・クラシック様式の建物は1930年に完成。
聖アントニオはポルトガル人で、アッシジの聖フランチェスコに共感して
フランシスコ会に入会し、イタリアや南フランスを巡り布教活動を行いました。
彼の説教はとても人気があり、触れただけで病気が治った人も居たということ。

マカオ6047聖アントニオ聖アントニオ

子供を抱いた姿で描かれることが多いので、わかりやすいです。

マカオ6048聖アントニオ教会

内部は開放的で質素なつくり。アジアの教会らしく重厚感はありません。

マカオ6049聖アントニオ教会

むしろ白い壁に差し込む光が柔らかくて優しい雰囲気。
聖アントニオの象徴・ユリの花が、いたる所に生けてあります。

マカオ6050聖アントニオ教会聖アントニオ

結婚を司る聖人でもあるので、結婚式が数多く行われているということです。

余談ですが、映画や小説で「聖アントニオ様〜!」という意味不明なフレーズに
触れたことはありませんか?聖アントニオは、なくし物や行方不明者を見つけて
くれる聖人とも言われているので、敬虔な信者は聖アントニオに頼るらしいです。
とにかく捜し物がなかなか見つからない時は、「聖アントニオ様」と3回唱えて
みましょう。信者じゃないと効き目がないかも知れないけど……。

聖アントニオを祀った教会は、リスボン(ポルトガル)、パドヴァ(イタリア)、
アルベロベッロ(イタリア)と、母と妹と一緒に観光しているのですが、話しても
伝わらないので昔のブログを見せたら、ようやく思い出してもらえました。
「Pちゃん、よく憶えてるわね〜」と言われるけど、その度に
「よく忘れられるわね〜」と、私は思っていますが……(・・;)

マカオ6051カモンイス広場Photobyチャイ語なび

そして教会の向かい側にあるのが、マカオ世界遺産の一つ『カモンイス広場』。
「ここに地果て、海始まる」の一節で有名なポルトガル詩人の
ルイス・カモンイスの名前から付けられているということですが……、

マカオ6052カモンイス公園

あまりにもただの広場だったので、こっちの『カモンイス公園』を世界遺産
だと思ってしまいましたヽ(´o`;

                              つづく
                              VOL.9


☆聖アントニオ聖堂(パドヴァ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.87
☆サンタントニオ教会(アルベロベッロ) → 地中海クルーズ親子旅Vol.49
☆聖アントニオ教会(リスボン) → ポルトガル親子旅行Vol.18
☆「ここに地果て、海始まる」の話 → ポルトガル親子旅行Vol.33
☆カモンイスのハナシ → ポルトガル親子旅行Vol.15



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



☆☆☆世界遺産『マカオ歴史市街地区』☆☆☆

ギア要塞 聖ポール天主堂跡 聖ドミニコ教会 民政總署
媽閣廟 港務局 鄭家屋敷 聖ローレンス教会 聖ヨゼフ修道院及び聖堂
ドン・ペドロ5世劇場 ロバート・ホー・トン図書館 聖オーガスティン教会 
三街会館 仁慈堂 大堂 盧家屋敷 ナーチャ廟 旧城壁 モンテの砦 
聖アントニオ教会 カーザ庭園 プロテスタント墓地
セナド広場 リラウ広場 聖オーガスティン広場 バラ広場 大堂広場 
聖ドミニコ広場 イエズス会紀念広場 カモンイス広場



関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント