Article

        
category - 2016年マカオ

マカオ親子旅行Vol.32 やっぱり必見♪『 ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター』

2017/ 10/ 31
                 
マカオ6255水舞間

母との旅行は、とにかくのんびり。
くつろげるお部屋にさえ滞在していれば、ホテルに居るだけで充分楽しめます。
それでも一番遊びに行きたがるのは、お母様(*´∀`*)

『ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)』を観たいとのご要望で、シェラトンマカオが入るサンズ・コタイセントラル隣の一角にあるIR、シティ・オブ・ドリームスへ向かいました。
お隣といっても歩けないのでタクシーを使ったし、前日にチケットを買いに行ったけど…。あっ、無料シャトルバスもありますよ。

若すぎてイヤだな…と思いながら乗ったタクシーの運転手は場所を知らず、スマホをいじっているから場所を調べているのかと思えばWeChat(中国版LINE)でトーク中(・・;)
「ここら辺じゃないの?」と声をかけても面倒臭そうにキョロキョロして、結局入口を通り越してしまい、ホテルをぐるりと一周して到着という、行き場のない怒りが残ってしまうのがマカオのタクシー事情です。

マカオ6259水舞間

さて、チケット料金はVIP席1480パタカ、A席980パタカ、B席780パタカ、C席580パタカと、2011年に観賞した時から100パタカずつ値上がりしています。

マカオ6257水舞間

元シルク・ド・ソレイユの舞台美術監督フランコ・ドラゴーヌ氏プロデュースだけあって、居眠りするスキもない程迫力満点!
水と色を使った幻想的な雰囲気も感動的で、2回目でも充分楽しめました。

マカオ6258水舞間バイクのアクロバットがスゴい!

現地発着ツアーで使っているVELTRAでは、現地と同料金で予約販売していて、スタジオシティの8の字観覧車『ゴールデンリール』チケットプレゼント付き♪
また、シティ・オブ・ドリームスのカジノメンバーシップ『シティクラブ』の会員になれば、10%の割引きで観劇できるということです。

マカオ6260ベネチアンベネチアンマカオ

マカオ6261ベネチアンベネチアンマカオ

他にもラスベガスでの思い出深いホテル『ベネチアン』を訪ねたり、クーポンを使うために『スタジオシティ』へ行ったりと、近すぎて運転手にイヤな顔をされながらタクシーを使ってコタイ地区を満喫。

マカオ6262パリジャン

ベネチアンとシェラトンには、一週間後にオープン予定の『パリジャン』のミニチュアが飾られていて、「来年はパリジャンがいいわね〜」と、母はすっかりマカオが気に入った様子です。
めでたし、めでたし(*^▽^*)

                              つづく
                              VOL.33


☆シティオブドリームス → 香港・マカオ夫婦旅2Vol.13
☆ ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター → 香港・マカオ夫婦旅2Vol.14
☆スタジオシティ → マカオ親子旅行Vol.17
☆IRとは?  → マカオ親子旅行Vol.26
☆ショーの予約 → マカオのエンターテイメント




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ









関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント