FC2ブログ

Article

        
category - 2018年1月東京発香港着南国クルーズ

南国クルーズ夫婦旅Vol.8 メインレストラン『ボッティチェッリ』

2018/ 03/ 28
                 
南国クルーズ057コスタレストラン

最初の夕食は8階船尾にあるメインレストラン『ボッティチェッリ』で。
内装はイタリアの画家・ボッティチェッリの名画『プリマヴェーラ(春)』からインスピレーションを受けてデザインされたということです。

南国クルーズ067ボッティチェッリ『プリマヴェーラ』のフローラ

壁にボッティチェッリの絵画(もちろん複製)が飾られていて優雅な雰囲気。
有名絵画の一部分が描かれているので元の絵が何なのかわかりにくいけど、クイズみたいで面白いとも言えるかな。

コスタクルーズ ボッティチェッリ絵画『聖母子と洗礼者ヨハネ』の聖母子

ビュッフェレストラン『ジャルディーノ』は自由席なので開店時間中に行けば、いつでも食事ができますが、『ボッティチェッリ』はフルコース料理なので時間制です。
18時からと20時半からの二部制になっていて、30分過ぎると入れてもらえずビュッフェへ行くことになるので、気をつけましょう。朝食はビュッフェ形式で卵料理やパンケーキ、日本食もオーダーでき、昼食はコース料理を楽しめます。

南国クルーズ058コスタレストラン

私達が予約したお部屋は、このメインレストランの時間指定ができるものだったので、後半を指定しておいたのだけど前半になっていました。「6時に夕飯なんて早すぎるよねー」とモンクを言いながらレストランへ。入口のスタッフにお願いすれば、時間帯の変更をしてもらえるので安心して下さい。

南国クルーズ059コスタレストラン

おや?
入口にメニューのサンプルが置かれ、メモ用紙と鉛筆が用意されています。今まで乗ってきたクルーズ船で見たことのないアイデア。言葉の壁を乗り越えるための工夫ですね。これがあればスタッフもラクでしょう。

南国クルーズ060コスタレストランメニュー

今夜のメニュー(一部)はこちら。この中から食べたいお料理を好きなだけ選んでオーダーします。普通のコース料理とは違って、前菜(Antipasti)2つとか、デザート(Dolce)2つなどの選択もOK♪ケーキ、アイスクリーム、フルーツと、デザートを全部注文する派手な人もいます(^◇^;)私達の夕食は地味ですが…

南国クルーズ061コスタレストラン
ズッキーニとクリームチーズ

南国クルーズ062コスタレストラン
鱈のフリッターアイオリソース

南国クルーズ063コスタレストラン
グリルドチキンレッグ ポテトと野菜のバターソテー添え

南国クルーズ064コスタレストラン
豚カツ ポテトサラダ添え + 卵と野菜のチャーハン

南国クルーズ065コスタレストラン
セミフローズンオレオクリームムース

南国クルーズ066コスタレストラン
サクリパンティーナケーキ バニラとチョコのソース

コース料理なのでこれだけ食べ終わるのに1時間以上かかり、ビール一杯では足りません(^◇^;)クルーズ船初体験の頃は、毎日コース料理が食べられるだけで嬉しかったけど、慣れてくるとビュッフェの方が自由で手軽なので、ボッティチェッリレストランでの夕食は3回だけになりました。お味は?時々美味しいモノに当たります。不味くはないけど、あまり期待しない方がいいです。

                                     つづく
                                     VOL.9




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント