FC2ブログ

Article

        
category - 2018年5月マレーシア+ブルネイ

マレーシア+ブルネイ旅Vol.7 ラマダン中のブルネイ観光

2018/ 08/ 13
                 
KLブルネイ062ブルネイ王宮

続いて向かったのは『王宮(イスタナ・ヌルル・イマン)』。「スルターンハウス」と説明された王様の家です。しかし、中には入れません。立派な入口で記念撮影をするだけ。隙間から奥を覗いても建物は見えないし…。てっきり入場できると思っていたので、残念です。

KLブルネイ063ブルネイ王宮

ブルネイの情報はマレーシアのガイドブックにオマケ程度しか載ってないと文句を言いながらも、そのオマケも読んでなかった私。20ヘクタールの広大な敷地にあり、一般人は立ち入り禁止で、ラマダン明けのお祭りハリラヤプアサの3日間だけ一般公開されるという、ただの撮影スポットでした。

KLブルネイ064ブルネイ博物館

次は博物館『ロイヤルレガリア』へ。運転手は真横に車を停めて「今日は休みだ」と言いいました。いやいや、いや、ここは調べておいたもんね〜。休館日はなく、毎日16:30まで。ホテルを出たのが14時だったので間に合う時間なのに…、閉まってます。あとでホテルのスタッフに尋ねたところラマダン中は14時に閉館するということでした。

ま、後日行ったけど「敬虔なイスラム教国のラマダン中は観光する時期じゃないな」と、つくづく感じました。マレーシアでは不便を感じる事なく普通に過ごせるけど、ラマダン時期のブルネイ観光はおすすめしません。

KLブルネイ065タクシー観光

この日は朝から天気が悪く、ニューモスクで少し晴れたので喜んでいたのに、再び車に乗ったら雨が降ってきて、王宮に着いた時は小雨。それからずっと降ったりやんだりしてたので、大きなショッピングセンターへ行ってもらい、1時間半後に待ち合わせしてタクシーを降りました。

KLブルネイ066ブルネイショッピングセンター

こちらは『ヤヤサンSHHBコンプレックス』というショッピングセンター。オールドモスクと水上集落の間にあります。

KLブルネイ067ブルネイショッピングセンタ

ジュエリーショップや土産物屋、ファーストフード店などが入っていて、「いつも若者で賑わう」と地球の歩き方に書かれていたけど…、何だコレ、ガラーン。
ラマダン中だからと思ってあげたいけれど、潰れる一歩手前な雰囲気が漂っています。

KLブルネイ068ブルネイ罰金

あまりにもつまらないショッピングセンターなので、小雨の中一服しようと表へ出てウロチョロしてもそれらしき場所がなく、道路を渡り川端へ。そしてここら辺ならいいだろうと一服してから見つけてしまったのが、この看板(・・;)罰金です!!ふぅ。誰も居なくてよかった〜。

KLブルネイ069ブルネイ水上タクシー

ブルネイ川の対岸にはカンポンアイール(水上集落)があり、水上タクシーで渡ります。

KLブルネイ070ブルネイ水上集落

世界最大の水上集落で、学校や病院、モスク、警察、消防署、商店、レストラン、ガソリンスタンドが揃っているということ。驚いたのは水道、電気、電話と、インフラ整備されていて、エアコンの効いた部屋でインターネットを使ったり、衛星放送を観ているというのです。ハロン湾(ベトナム)の水上集落では発電機を使っていたので、エアコンなんて夢のような生活でしょうね。アジアの様々な国で見てきたのでパスしたけど、ブルネイの水上集落はスゴいみたいですよ。

                                     つづく
                                     VOL.8

☆もくじはコチラ  → 2018年5月マレーシア+ブルネイ旅
☆ロイヤルレガリア → マレーシア+ブルネイ旅Vol.11



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント