FC2ブログ

Article

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.3 快適♪3人利用ならスイートルームがオススメ

2019/ 02/ 19
                 
コスタクルーズ012スイートルーム

それでは、コスタネオロマンチカのスイートルームをご紹介しましょう。

コスタクルーズ013スイートルーム

扉を開けると右手にクローゼット、左手はバスルーム。

コスタクルーズ014スイートルーム

スイートルームといってもリビングエリアとの扉がないのでジュニアスイートと呼んだ方が良さそうな間取りです。

コスタクルーズ015スイートルーム

リビングエリアにはソファーが置かれているはずなのに、3人目のベッドになっていて優雅な雰囲気が台無し(^◇^;)気分的にも写真的にも最初だけはソファーにしておいて欲しいと願っているけど、叶ったことはありません。

コスタクルーズ016スイートルーム

広さは37.1㎡(31.1㎡+バルコニー6㎡)で、室内はバルコニールーム(16.6㎡+5.5㎡)の倍近くあるので、大人3人でもゆったりと過ごせます。また、イス付きのドレッサーは母がとても喜んだ設備。老人は洗面所で立ってお化粧できません。

   ☆バルコニールーム → 南国クルーズ夫婦旅Vol.3

コスタクルーズ017スイートルーム

ミニバーにillyのエスプレッソマシンがあるのもスイートルームならでは。カプセルは1.89ドルと書かれているけど、マリーに確認したら無料だということ。というのも、スイートルームには12ドル以下の飲物が無料になるドリンクパッケージが付いているので、もしかしたらコレもタダではないかと思ったのです。しかも冷蔵庫の飲物も無料だと…。「聞かれる前に説明しなさいよ〜」と言いたかったけど、我慢しました。もちろん湯沸かしポットもあるので、持ち込んだコーヒーや紅茶、昆布茶など自由に飲むことができます 。

コスタクルーズ018スイートルーム

テーブルの上にはシャンパンとカナッペ、フルーツが置かれ、これもスイートルーム特典のひとつ。フルーツは毎日補充してくれます。
「乗船記念にシャンパンで乾杯しちゃう?」という気持ちになるけど、まずは荷物の整理をしましょ。あれ?タンスがないぞ。

コスタクルーズ019スイートルーム

コスタクルーズ020スイートルーム

クローゼットは大きめで収納棚と小さなタンスっぽい箱はあるけれど、室内にタンスがありません。バルコニールームには使い易い場所にあったのに…と不満を感じつつ、持ってきたトートバックや紙袋に入れたり、スーツケースを開いたままベッドの下に入れたりと、工夫して収納完了。コンパクトになるトートバッグや横広の紙袋を持参した方が良いですよ。

コスタクルーズ021スイートルーム

そしてバスルームです。バスタブはコスタクルーズお決まりのジェットバス。えっ!?シャワールームも付いてますよ〜。もぅ船の中とは思えないほど広々としていて、快適です。

コスタクルーズ022スイートルーム

アメニティはシャンプー、リンス、バスジェル、ボディローション、石鹸、シャワーキャップのみ。バルコニールームの時は「全身コレで洗いましょう」みたいな洗剤が固定されていたので、これだけでも特別なのでしょう。

コスタクルーズ023スイートルーム

洗面台も広くて使い易いです。クルーズ船のスイートルームでこんなに広いバスルームは初めてのような気がするな〜と、過去の写真で確認したところ、バスタブとシャワールームが別にあるクルーズ船は初めてでした。今までの経験を活かしてバスジェルを大量にもらい、毎日2回バスタブに浸かってブクブク♥さらに妹の提案により寄港地でバスソルトを購入してデトックス♪前回入り浸りになった『サムサラスパ』は1回しか利用しなかったという結果になりました。
バスタブ付きは老人に必須のようなことを語ってたけど、一番喜んでいたのは私だったというオチで(^◇^;)

                                     つづく
                                     VOL.4


☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント