FC2ブログ

Article

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.5 神戸上陸〜北野異人館にパワースポット!?

2019/ 02/ 26
                 
コスタクルーズ033神戸異人館

神戸の寄港地は移動に便利な場所にあり、外に出るとすぐにポートターミナル駅。ポートライナーという自動運転の新交通システムが走っています。ゆりかもめと同じで、モノレールじゃないヤツね。そのポートライナーは空港〜三宮を繫いでいて、中間にポートターミナル駅があるため、三宮駅からも空港からもアクセスしやすいのです。

コスタクルーズ034神戸ポートライナー

さて、目指すのは『北野異人館』。三宮駅から徒歩15分位だというので、お若い方はポートライナーに乗るのでしょうが、私達はタクシーで行っちゃいます。15分位だったかな?2,000円位だったかな?今回何もメモしなかったので、あやふやです。
運転手さんに異人館へ行きたいと伝えたら、チケット売り場へ連れて行ってくれました。

公開されている洋館は全部で16館。ほとんど入場料がかかるため、2館、3館、4館、7館用と、割引きになってセット販売されています。そこでどーんと7館用(3,000円)を購入しようとしたら「17時までだからそんなに廻れませんよ」「うろこの家に行くなら山の手4館パスがいいですね」と言われ、2,100円のチケットを購入。シニア料金はないけど、障害者割引き200円(介助者1人も)。パワースポットが3ヶ所にあるらしいです。

コスタクルーズ035神戸異人館

ということで『うろこの家』へLet’s Go♪タクシーも走れない狭い道(オランダ坂)を上っていくのですが…、歩いて8分と聞きましたが…、老人にはタイヘンな道のりです。終いには母の両腕を持ち上げて歩くという必殺技を使って、何とかゴール(^◇^;)

コスタクルーズ036神戸異人館

『うろこの家&展望ギャラリー』です。天然スレートで覆われた外壁が魚のうろこのようなので、うろこの家。神戸で最初に公開された異人館です。

コスタクルーズ037神戸異人館

向かって左側が展望ギャラリーで、右側がうろこの家。お城みたいですね。
前庭には鼻を触ると幸せになれるというポルチェリーノ像。パワースポットです。

コスタクルーズ038神戸異人館ポルチェリーノ

本物のポルチェリーノ像はフィレンツェ(イタリア)にあります。元々はギリシャで出土された古代ローマ時代の大理石像で、モデルはギリシャ神話に登場するカリドンの猪だとされています。それを16世紀にイタリア産大理石でレプリカしたものが現在ウフィツィ美術館で展示されているもの。その大理石像を元に17世紀に彫刻家ピエトロタッカが造ったブロンズ像がフィレンツェの新市場に置れているのです。あー、ややこしい。
また20世紀には5体のレプリカを作りパリ、マドリッド、シドニー等5都市に贈呈したということ。その後様々な国でレプリカのレプリカを作り続けているみたいで、大阪や東京、京都等々、日本でも多くのポルチェリーノが幸せを振りまいているということです。

コスタクルーズ039フィレンツェポルチェリーノ

写真は20年程前のものでピエトロタッカが制作した本物(レプリカのレプリカ)。現在はレプリカ(レプリカのレプリカのレプリカ)が置かれていて、本物はバルディーニ美術館に展示されているという所まで突き止めました(^◇^;)

なんで猪ごときにこんなにムキになっているのかというと…、
本当は「ポルチェリーノ像はパワースポットです」という一行で片付けるつもりだったのです。が、確かフィレンツェに同じようなのが居たなと、調べてみたら書かれていることがメチャクチャで、ウフィツィ美術館の大理石像(レプリカ)とピエトロタッカのブロンズ像(レプリカ×2)がゴチャゴチャになっていて気持ちが悪い。同じ作品のように解釈されていたり、ピエトロタッカの大理石像と表記されていたり、さらにはガイドブックに堂々と「ピエトロタッカが制作した猪銅像」と書かれていて…、これは誤解するでしょ?まして高級な調度品が並んでいる館の庭に置かれている銅像を見たらルネッサンス後期の本物かと勘違いしちゃうかも知れないでしょ?と、心配になってしまったので、キッチリ調べてまとめてみました。あーすっきり。

横道に逸れすぎてしまいまいましたね。邸内をご紹介しましょう。

コスタクルーズ040神戸異人館

うろこの家は異人館の中で最も高台に建っているので、眺望抜群。晴れた日には淡路島や和歌山まで見渡せるそうですが、曇っていて残念です。

コスタクルーズ041神戸異人館

プリザーブドフラワーコンテスト中だったため、可愛らしいリースからゴージャスな大作まで壁に並んで華やか。

コスタクルーズ042神戸異人館

重厚なアンティーク家具と調度品、ステンドグラス、暖炉と、庶民の家にはないものばかりです。

コスタクルーズ043神戸異人館

食器棚にはマイセンやロイヤルコペンハーゲン、ロイヤルウースターといった西洋の陶磁器がずらり。華麗なる陶磁器にしばらく見とれていました。

コスタクルーズ044神戸異人館

そして最後にもう一度お鼻スリスリ。敷地内にカフェもあるので休憩したいけど、時間がないので先を急ぐことに。1時間で4館廻らないとならないのです。
入館料1,050円は高いけど、しあわせになれますよ(*゚∀゚*)

                                     つづく
                                     VOL.6



☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント