FC2ブログ

Article

        
category - 2018年11月東京発着太平洋クルーズ

太平洋周遊クルーズ親子旅Vol.6 神戸上陸〜北野異人館巡りと中華街・南京町

2019/ 03/ 05
                 
コスタクルーズ045神戸山手八番館

2つ目のパワースポットは、願いごとが叶うという『サターンの椅子』。うろこの家から2軒先の『山手八番館』にあります。
サターンとはローマ神話に登場する五穀豊穣の神様で、本名はサートゥルヌス。ギリシャ神話では全知全能の神ゼウスのお父様、クロノスです。その豊穣の神サターンの彫刻が施された椅子だから願いが実り叶うと…?無理矢理な感じではありますが、せっかくだから座ってお願いしておきました。向かって右側が女性用です。

コスタクルーズ046神戸山手八番館

コスタクルーズ047神戸山手八番館

ここは大正時代に建てられたチューダー様式という英国風建物。彫刻を中心に集めた館なので、玄関前には鬼の像、花壇の後ろには裸婦像と、入口から賑やかです。
フランスが誇る彫刻の三大巨匠ロダン、ブールデル、ベルナールの作品をはじめ、世界中から集められた美術品は見応え充分。

コスタクルーズ048神戸山手八番館

廊下ではドンキホーテとサンチョパンサが冒険の旅に出かけようとしています。2階には上らなかったけど、ガンダーラやタイなどアジアの仏像が展示されてるということ。

コスタクルーズ049神戸山手八番館

少し歩くとすぐに『北野外国人倶楽部』。外国人の社交倶楽部を再現した館で、 異人館巡り7館パス(3,000円)を購入すれば、レンタルドレスを着て写真撮影ができます。もう少し若ければ…、いや20年前なら着てみたいところですが。

コスタクルーズ050神戸山手八番館

ブルボン王朝の貴族の館にあったという木製暖炉は必見。なぜか鎧の騎士があちこちに立っていて、少々不気味です。

コスタクルーズ051神戸坂の上の異人館

お隣は『坂の上の異人館』で3つ目のパワースポット。狛犬の間を通ると愛情に恵まれて幸せになれるということです。狛犬は梵語(サンスクリット語)の始まり”阿”と終わりの”吽”を意味する阿吽(あうん)像で一対になります。しかしこちらの狛犬は両方とも口を開けた阿像。終わり(吽)がないから、好きな人と通れば恋が始まり終わらないらしいです。何か良いことが始まって永遠に続くということなのでしょうね。

コスタクルーズ052神戸坂の上の異人館

ここは中国領事館として使われていた建物で、紫檀を貝で装飾したサロンセットや青磁の壺など、中国の貴重な調度品や美術品が並んでいます。

『北野異人館』は沢山の異人館が集まって大きな博物館になってるような、とても楽しい観光地。今回は閉館まで1時間しかなかったため急いで巡らなければならず、おまけに老人連れなので2階に行かなかったりしたけど、改めてゆっくり観光したいと思いました。以上3館の入館料は550円。うろこの家を含む山の手4館パスは2,100円なので、このエリアを全て巡るならセット料金の方が600円もお得になります。
ちなみに坂の上の異人館は広い道に接しているのでタクシーが拾えます。…ということは?ここまでタクシーで来ればオランダ坂を頑張って上る必要なかったということ。事前に調べてなかったので、失敗しました。あーあ。

コスタクルーズ053神戸南京町

といことでここでタクシーを拾って『南京町』へ。横浜、長崎と並ぶ日本三大中華街のひとつです。飲食店や食材店、雑貨店など100店舗以上が軒を連ね、中華料理店だけでなく神戸牛のお店もあって色々楽しめます。

コスタクルーズ054神戸南京町

呼び込みが煩くてどこが良いのか迷ってしまったけど、フカヒレを食べたかったので専門店へ。

コスタクルーズ055神戸南京町

コスタクルーズ056神戸南京町メニューの方が大きいような…

お味はまぁまぁ美味しく、お値段は良心的。テレビや雑誌の取材が多いらしく、芸能人の写真が沢山飾られてました。

コスタクルーズ057神戸ポートタワー眺望

そして夕食後、出港時間まで時間があるのでタクシーに乗って『ポートタワー』へ。1km位なので、徒歩圏内ですね。入場料700円。神戸の夜景、素敵です♥

コスタクルーズ058神戸港眺望

ほんの5時間程だったけど、神戸を満喫できて大満足。22時、コスタネオロマンチカは神戸港を出港しました。目指すは釜山(韓国)。

                                     つづく
                                     VOL.7




☆もくじはコチラ → 太平洋周遊クルーズ親子旅行




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント