FC2ブログ

Article

        
category - 2017年9月スペイン+中東《更新中♪》

スペイン+中東夫婦旅Vol.30 クルーズ〜カサブランカ入港・モロッコ料理満喫

2020/ 01/ 13
                 
スペイン中東376カサブランカIMILCHIL

ラバトヴィル駅までの帰り道にモロッコ料理店を探したのですが、レストランは夕食時間までお休み。あきらめて電車に乗り、カサブランカに戻りました。

スペイン中東377カサブランカトラム

スペイン中東378カサブランカ街並み

カサポート駅から300mほど内陸部に向かうとカサブランカの繁華街。メディナ(旧市街)を素通りしてレストランを目指します。カサブランカはモロッコ最大の都市で首都ラバトよりも賑やか。トラムも走っているし、東南アジアの国々よりも近代的で小綺麗に感じました。

スペイン中東379カサブランカ街並み

カサブランカ一番の繁華街・プリンスムーレイアブダラー通りは歩行者天国になっていて、路上にシートを敷いて洋服や雑貨を売っていたり、

スペイン中東380カサブランカ街並み

リヤカーの荷台で食物を作って売っていたりと、異国情緒たっぷり。

スペイン中東381カサブランカIMILCHIL

さて、私たちが目指したのは『IMILCHIL(イミルシル)』というお店です。地球の歩き方で紹介されていたレストランだから期待しないで入店したところ…、あら素敵♥

スペイン中東382カサブランカIMILCHIL

いかにもモロッコらしい雰囲気で壁はゼリージュ(ポルトガルではアズレージョ)で装飾されています。

スペイン中東383カサブランカIMILCHIL

メニューはアラビア語とフランス語のみ。単語を頼りになんとか伝統料理を注文してみました。

スペイン中東384カサブランカIMILCHIL

『タジン』140ディルハム(約1800円)

スペイン中東385カサブランカIMILCHIL

『クスクス』140ディルハム(約1800円)

スペイン中東386カサブランカIMILCHIL

『ハリラ』40ディルハム(約500円)
体に優しいひよこ豆のスープ。隣にあるのはホブスという名の平たくて丸いパンで、汁気の多い料理に浸したり、サンドウィッチにしたりして食べます。

スペイン中東387カサブランカIMILCHIL

思いっきり観光客料金だけど、お料理の味は良かったし、何より雰囲気が最高♪

そしてタクシーに乗って港に向かいました。ところが!順風満帆のモロッコ観光で終わるはずだったところが、港の入口でタクシーから降ろされるという事態に…。モロッコの公用語はアラビア語とフランス語なので運転手が何を言ってるのかわからないのだけど、ゲートと監視員の詰め所のような場所があって、ここからは入れないと言ってるようなので渋々降りるハメになりました。1km位で8.5ディルハム(110円)、安い!と感動している場合ではないですよ。また40分程歩くことになってしまったのです。

あれはなんだったのか?ワイロが必要なのか?それともタクシー会社によって違うとか?後で調べても明確な答えはないし、モロッコ旅行経験がある友達も居ないので未解決。船を降りたときに居たタクシーは、貿易手続きで港湾内に入ることができた人達で白タクだったのかも知れません。ま、モロッコの情報は少ないので、いつか私が潜入調査してきますね。今回は下見ということで、快適なクルーズ船に帰りましょう。

スペイン中東388カサブランカIMILCHIL

ヘンな歌を歌ったり、どーでもいい話をしながらトボトボ歩いていくと、船が見えてきました。

スペイン中東389カサブランカ港夜景

25時、カサブランカ港出港。

                            つづく

*1ディルハム(1dh) = 約13円(ドバイではディラハムだったので少々混乱)




☆もくじはコチラ → スペイン+中東夫婦旅




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント