FC2ブログ

Article

        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.60 私たちのカジノ利用法

2010/ 02/ 05
                 
「カジノはやらないの?」
ここまで書いてきて、カジノの話がほとんど出てこない”ラスベガス旅行記”です。

「ラスベガスへ行く」というと、殆どの人がカジノを連想します。
そして、言い訳のように……、
「ギャンブルだけじゃーないのよー」と言うと、
「じゃ、何さっ?」って話になり、ラスベガスについて熱く語ってしまうのですが…。
でもね、本当に私はギャンブラーではないのです。
”ラスベガスの魅力は、カジノだけじゃない”ので、ねっ!

LAS072PARIS.jpg

私たちが遊ぶのは、主にスロットマシン。
それも、大体3人で1台を囲んで、ワイワイ騒いでクルクル回しているだけ。
こんな事を言ったら、カジノからつまみ出されちゃうかも知れませんが……、
ちょっとのどが渇いた時、カフェの代わりに利用する事が多いです。
ラスベガスのカジノにはバニーガール(オバサンも混じってるけど)が居ます。
ホテルによってコスチュームが違うので面白いですよ。

で、そのバニーちゃんがお盆を持って「何か飲む?」と聞いてまわっているのです。
なんと、ドリンク代は、タダ!!あっ、でもチップは払ってね。
世界中に存在するカジノですが、
カジノ = バニーガール = フリードリンク
と、勘違いしないで下さい。ラスベガスのカジノでは、飲み物が無料ということです。

で、すこーし考えて下さい。
3人でカフェに入った場合、20~30ドル支払いますよね?
だから、その支払い分を”万が一”に賭けてみようかな~と考えているワケです。
ビールや水、ジュースをバニーちゃんに届けてもらう間に、スロットマシンで遊んでる
という感じで、カジノを楽しんでいるのです。

チップを沢山くれるからか、ブラックジャックやルーレットなどのテーブルゲームの
お客さんに対するサービスの方が良いみたいです。私達のような1セントから遊べる
安い台の所にはあまり来てくれないので、時々探しに行くこともありますけど…。

                               つづく
                               VOL.61



    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ








関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント