FC2ブログ

Article

        
category - 2009年9月ラスベガス

ラスベガス親子旅行Vol.66 グランドキャニオンツアー

2010/ 02/ 25
                 
私と妹が同時に考えたことは………、
「お母様のために、一番前の座席を確保するぞっ!」という事。
そして母の気持ちといえば、口には出しませんが、
「一番前の席を取ってね♪」という指令が、私たちには伝わっているのです。

少し肌寒いけれど、写真を撮るフリ(本当に撮ったけど)をしながら、
バスが来るのを待ち構えました。

母は、地下鉄以外の乗り物が大好きです。
異国の町を歩いている途中で路面電車やバスを発見すると、
「あれに乗りたい!」と言って、近付いていってしまうのです。
切符の買い方や小銭の有無、行き先など、知ったことではありません!
目的地と反対方向へ行ってしまったり、どこだかわからない場所に着いて
しまったりなんてコト、1度や2度ではないのです。
タクシーの方がよっぽど確実でラクなのに……。

なので、このような現地発着ツアーのバスに乗っても、ずーっと景色を眺めています。
私と妹は、乗り物に乗ると眠くなるタイプで…、刺激的なショーでさえも眠くなる
タイプで…、とにかく動いてないと眠くなる体質なのですが、母は絶対に寝ません。

ーーーーあれはイギリス旅行。
ロンドンからバースへの現地発着ツアーに参加した時の失敗談です。
到着間近の説明(英語)が始まった時、爆睡していた私と妹…。
「起こしても、怒った」らしいです。私たち。
そして乗客全員で行ったバース観光後は、フリータイム。

バースバースのローマ浴場跡。世界遺産です!

??その後の予定がわからない!何時までフリータイムだとか、
どこに集合だとか、一緒に乗ってた人達の顔もよく覚えてない………。
結局、街並みを楽しむ時間を削り、出入口付近のオープンカフェで軽食を
取りながら、同じバスに乗ってた人を待ち伏せしてました。

?何が言いたいの?
「ツアーのバスを降りる時は、必ず集合時間を確認しましょうね♪」

                                つづく
                                VOL.67


☆グランドキャニオンツアーを探す → VELTRAで探す
☆グランドキャニオンツアーを探す → HISで探す





    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ












関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント