FC2ブログ

Article

        
category - 2009年11月香港・マカオ

香港・マカオ夫婦旅Vol.48 マカオの世界遺産『聖ポール天主堂跡』

2010/ 09/ 24
                 
『ベネチアン』と同系列のホテル『サンズ』は、人気のカジノホテル。
2006年に拡張工事をして”世界で一番大きなカジノ”になったということで、
中国本土からの日帰り客も多いらしく、とても活気に溢れています。
向かいの施設はガラガラなのに……ヽ(´o`;

『サンズ』といえば、かつてラスベガスにもありました。
それが爆破解体され、1999年に『ベネチアン』に生まれかわったのです♪

Mac53サンズサンズホテル

さ〜て、サンズで飲茶を堪能して、再び世界遺産観光へ♪
次は『聖ポール天主堂跡』です。
タクシー乗り場へ向かう途中、『ベネチアン・マカオ』の無料シャトルバスを発見!
同系列のホテル・ベネチアンとサンズはシャトルバスで繋がってます。

Mac54聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂は1602年にイエズス会によって建てられたキリスト教会。
ファサードの彫刻には、日本から追われた日本人キリシタンも携わっていた
ということです。
過去3回の大火に見舞われ、1835年1月に起きた最後の火災でこのような姿に
なってしまいましたが、当時はアジア最大のカトリック教会だったとか。
しかしこの姿だけで、どう想像すればいいのか………。

Mac55聖ポール

「これが世界遺産っ?」主人の声が少し怒ってます。
「世界がっかり遺産のひとつだよ」
「お前、面白いこと言うなぁ~」と、ウケたけど、巷で言われてるから(・・;)
デンマークの『人魚姫像』とか、シンガポールの『マーライオン』だとか、
”世界がっかり遺産”を色々と観てきたけど、マカオの世界遺産も結構がっかりします。

Mac56聖ポール手前の広場も世界遺産

ここで一番気になるのは、なぜ3回目の火災後は修復しなかったのか?ということ。

当時は”東洋と西洋を結ぶ玄関口”の座を香港に奪われていたのです。
なのに「中国大陸のヨーロッパ諸国の植民地の中ではもっとも古く、
植民地時代の遺構が数多く点在するため、世界遺産に登録された」と…。
マカオの儚い栄華を思うと、お粗末な世界遺産に愛おしささえ感じます。

                               つづく
                               Vol.49


☆マカオのベネチアン   → 香港・マカオ夫婦旅VOL.36
☆ラスベガスのベネチアン → ラスベガス親子旅行VOL.79




    応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





【JTB海外旅行】アジア、これが売れてます。










関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント