FC2ブログ

Article

        
category - 本棚

錦繍/宮本輝

2009/ 07/ 25
                 
愛し合いながらも離婚した二人が十年後に偶然の再会。
そして手紙によって、お互いの当時の気持ちや過去の事件、
その後の苦悩、生き様を綴りあいます。
行間の背後に、美しい景色と幸せを願い合う愛を感じました。
書簡体という古典的な小説ですが、電話やメールが
普及しまくっているからこそ、手紙の大切さが身にしみます。



 錦繍 (新潮文庫)









関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント