FC2ブログ

Article

        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.39 世界遺産『ポンペイ遺跡』

2011/ 06/ 09
                 
カンパニア州の原住民がポンペイの町を築き始めたのは、紀元前8世紀。
その後、ギリシア人やサムニウム人、ローマ人他、様々な民族に
支配されながらも商業活動が盛んで、町の繁栄は続いていました。

ローマ市民より豊かな暮らしをしていたポンペイ市民は、
午前中だけ働いて、昼食後お昼寝をしてから公共浴場や劇場、闘技場、
居酒屋で遊びまくるという、羨ましい毎日を過ごしていたらしいです。

劇場は二つあり、紀元前3世紀から2世紀にかけて造られたということ。
どちらも半円形のギリシア劇場で、喜劇や悲劇、パントマイム劇を
上演していた大劇場は約5000人を収容。

ポンペイ18大劇場大劇場

隣には収容人数約1000人の小劇場(オデオン座)があります。

ポンペイ19小劇場小劇場

屋根が付いていて音響効果が高かったため、オデオン(音楽堂)として、
コンサートや詩の朗読が行われていたとか。

ポンペイ20小劇場

遠くにあるので行かなかったけれど、当時の人口2万人を収容できる
円形闘技場や体育場もありました。

そして……、優雅で享楽的で幸せに満ちた人々の営みを奪い去ったのが、
79年8月24日に起こったヴェスヴィオ山の噴火!
三日三晩灰が降り、7メートルほど積もって、町をまるごと覆い隠し、
ポンペイは忘れられた町になってしまったのです。

南イタリア親子旅行ポンペイ遺跡3

人間がどんなに偉く,賢くなったとしても、自然には抗えないと……。

驚いたのは、実はその17年前に大地震が起きていたということです!
観光していた時はサラッと読んでいたこの話、東日本大震災の後
ささやかれている東海大地震とか富士山の噴火の話を聞くと、
「ありえな~い」とは言ってられません。
日本が同じような運命を辿らないことを祈るしかないのですが。

                            つづく
                            VOL.40



☆現地発着ツアー €54〜(1人)→
  歴史好き必見!テルマエ・ロマエの世界とポンペイ、エルコラーノ遺跡




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント