FC2ブログ

Article

        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.76 ヴァチカン美術館『無原罪のマリアの間』

2012/ 02/ 27
                 
『無原罪のマリアの間』です。

ローマ034ヴァチカン無原罪のマリア『無原罪の御宿り』

1854年12月8日、第255代ローマ教皇・ピウス9世によって公認された
”無原罪の御宿り”という教義をテーマに描いたフレスコ画だとか。

”御宿り”というから「マリアが処女のままイエス・キリストを授かった」とか、
「マリアはイエス・キリストを宿したときに原罪がなくなった」
のだとかいう話かと思っていたら、大間違い。
マリアのママが原罪のないマリアを宿したという意味なんですって~!

ローマ035ヴァチカン無原罪のマリア

ふわぁ~。宗教のお話しは難解です。

ローマ036ヴァチカン無原罪のマリア

アダムとイヴが神様の言いつけを聞かずにリンゴを食べちゃった時から、
子孫である人間は生まれながらにして原罪を背負うことになってしまったという
キリスト教の教えがあり、魂は神によって受精卵の中に入れられ、
この時原罪の穢れも付いてくるらしいのです。
でも、お祈りしたり、懺悔をすれば原罪が薄れるんですって~。
そして原罪があるから人間は年老いて死んでしまうのだと!
神様は死なないもんね……。

ローマ037ヴァチカン無原罪のマリア

で、多くの人間の中で原罪から救われた唯一の人間がマリアであり、
そのマリアが処女のまま神様から授かったのがイエスであるということ。
だからマリアの最期の時は、肉体と魂を伴ったまま
天国にあげられた(聖母の被昇天)ということになっているワケ。

まぁ、とにかく12月8日は『無原罪の御宿り』の日として、カトリック教会の祝日。
無宗教の私にとっては、吾郎ちゃんのお誕生日という祝日だけど……。

アーメン。

                               つづく
                               VOL.77



☆現地発着ツアー €40〜(1人)→ ヴァチカン美術館
☆現地発着ツアー → ローマ発着のオプショナルツアー



      応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
















関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント