FC2ブログ

Article

        
category - 2010年9月南イタリア

南イタリア親子旅行Vol.85 ベルニーニの彫刻が見事『ナヴォーナ広場』

2012/ 05/ 01
                 
パンテオンから200m程歩いて『ナヴォーナ広場』に到着。

ローマ077ナヴォーナ広場

3つの噴水がある細長い広場はとても開放感があり、和やかな雰囲気が漂っています。

ローマ078ナヴォーナ広場

練兵場だったこの場所に皇帝ドミティアヌスが競技場を造ったのが1世紀。
やがて8世紀には広場になり、庶民の憩いの場所になりました。
細長く楕円形をしているのは、かつて騎馬戦車競技が行われていたからだということ。

ローマ079ムーア人の噴水「ムーア人の噴水

南にある噴水が『ムーア人の噴水』、北には『ネプチューンの噴水』、
そして、中央のひときわ大きくて迫力満点の噴水が『4大河の噴水』です。
設計はベルニーニ。そう、サン・ピエトロ広場の設計者ですよ~。

ローマ080四大河の噴水四大河の噴水

ナイル川(アフリカ)、ガンジス川(アジア)、ドナウ川(ヨーロッパ)、
ラプラタ川(南アメリカ)の4つの川を擬人化したというバロック彫刻は、
4つの大河を表現することで、教会は4つの大陸を支配するということを
意味しているのだとか。

ローマ081ナヴォーナ広場

17mあるというオベリスクは、ローマ時代に造られたもの。
噴水の横に立つ、ベルニーニのライバルだったボッロミーニが設計したという
『サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会』も立派です。

ローマ082ナヴォーナ広場教会

広場には、観光客、子供たち、大道芸人、絵を売る人…、などなど、人々が溢れ、
平和な空気が流れていますが……、

ローマ083ナヴォーナ広場

『天使と悪魔』では4つめのキーワードの舞台。
4人目の教皇候補者の殺人事件が起こる場所なのです。
~~ローマに縦横に現る神秘の元素~~
という暗号からナヴォーナ広場の4大河の噴水に辿り着き、犯人を目撃!
噴水に投げ込まれた枢機卿を助けようと噴水に飛び込むラングドン!!
というシーンで使われていたこの噴水、映画ではもっと深そうだったけど…。
オベリスクの上にある鳩の像が最後の場所を示しているという設定でしたが、
遠くてどこを向いてるかわかりません。ラングドンは視力が良いのね。

                                つづく
                                VOL.86







   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ



















関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント