FC2ブログ

Article

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.64 クルーズ5日目〜ロードス島入港

2013/ 10/ 30
                 
クルーズ146ロードス島

目が覚めたら……、船はすでに港に入ろうとしていているところ。
ロードス島にはフェリーが寄港できる港が3ヶ所あり、ここはコマーシャル港です。

クルーズ147ロードス島

この島は新石器時代から人が住んで居たと言われており、その後、
紀元前16世紀にミノア文明の人々が、紀元前11世紀にはドーリア人が渡ってきた
ということ。そしてドーリア人は、ホメロスの叙事詩にも登場する古代3大都市
リンドス、カミロス、イアリソスを始め6ヶ所にポリスを建設しました。

クルーズ148ロードス島

それからマケドニアの英雄アレクサンダー大王が登場したり、
ローマ帝国領になったり、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)領になったりと、
まぁ色々あって……、
中でも有名なのが聖ヨハネ騎士団とオスマン帝国との戦い。
地中海交易の重要な拠点として、様々な国が手に入れたかった島なのです。

クルーズ149ロードス島

さて、ここでは、『ロードス観光』(3時間半、43ユーロ)
『カミロス遺跡とロードス観光』(4時間半、53ユーロ)
『リンドスとロードス旧市街観光』(8時間、昼食付、105ユーロ)
といったオプショナルツアーが用意されていますが、ロードス島での停泊は
10時間あるし、世界遺産になっている旧市街は港の近くなので、
自由に過ごすことにしました。

クルーズ150ロードス島

船を降りるとレンタカー屋や旅行会社が並び、そこを過ぎるとタクシーが
並んでいて、船から降りてきた人たちに客引きがタカってきます。

クルーズ151ロードス島

私達にも「1時間50ユーロ、OK?」と言ってきたので、
「40ユーロ」と言い続け、4人目で交渉成立。
新市街を簡単に廻ってもらい、旧市街の入口で降りることにしました。

                               つづく
                               VOL.65


☆アレクサンダー大王って? → 地中海クルーズ親子旅Vol.25




   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


















関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント