FC2ブログ

Article

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.74 ドブロブニク散策

2014/ 10/ 13
                 
クルーズ198ドブロブニク港

ここはロードス島と同じく、海岸沿いに高い壁が続く要塞都市。
ヨットやクルーザーが並んだリゾート気分漂う背後は要塞という、
ちょっと不釣り合いな風景が広がっています。

クルーズ199ドブロブニク

そしてすぐに城塞内に入る門があり、他の観光客に続いて歩いて行くと旧市街.

クルーズ200ドブロブニク

メインストリート『プラツァ通り』に出ました。
この通りは、前述の12世紀に埋め立てられた海峡だったところだとか。

クルーズ201ルジャ広場

目の前の『ルジャ広場』には、オリーブオイルや白ワイン、イチジクのジャム、
ラベンダーオイルなど、クロアチアの名産品を並べた青空市場が立っています。
観光客向けのお土産ですね。
お土産といえば…、 ダルマチア地方原産の犬ということで、
『101匹わんちゃん』で有名なダルメシアンのキーホルダーも売られてました。
あんまり可愛くなかったけど……。

クルーズ202聖ヴラホ教会『聖ヴラホ教会』

広場の後ろには、ドブロブニクの守護聖人である聖ヴラホを祀った
『聖ヴラホ教会』があります。
ゴシックとルネッサンス様式の建築物が多い中、バロック様式なのは、
18世紀に火事で全焼してしまって建て直したからだということ。

このまま旧市街観光をしたいところですが…、
ケーブルカーでスルジ山を登れば、街を見下ろす絶景を眺められると知り、
乗り場を探しました。

クルーズ203ドブロブニク路地「登り切れるか、ちょっと不安」

どうやらこの長〜い階段を登らないとならないみたい。
「どうする?やめとく?」
「もちろん登るわよ!」と、お母様。
だったら必殺技を使いましょ♪と、
母の両脇を妹と持ち上げながら、頑張って登ることに決定。

クルーズ204ドブロブニク「83歳、登れました〜♪」

何度か休み、何とか階段の上に到着しました。
階段の両脇にお土産屋さんやホテルがあったり、途中の路地にはレストランが
あったけど、歩くのに精一杯な私達。帰り道で楽しむことにします。

                               つづく
                               VOL.75





     応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ











関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント