FC2ブログ

Article

        
category - 2011年9月東地中海クルーズ+ベネチア・パリ

地中海クルーズ親子旅Vol.92 ジョットと言えばパドヴァ?

2015/ 04/ 26
                 
パドヴァ35カフェ

再びサント広場に戻って、カフェで休憩しながらタクシー探し。
次の目的地『スクロヴェーニ礼拝堂』は、真っ直ぐな道を駅に向かって1.5㎞。
普通の観光客なら景色を楽しみながら歩く距離ですが、老人には無理です。

母を車道に面したカフェの通り沿いの席に座らせ、すぐに会計。
私たちは、タクシーが来たらすぐに乗る!というワザを修得しているので…。

ジョットの鐘楼ジョットの鐘楼

さて、ジョットと言えばフィレンツェの鐘楼しか知らなかったので、
彫刻家だと思っていたのですが、画家としても活躍していたのだという事を
この旅で知りました。
『スクロヴェーニ礼拝堂』とは、内部がジョットの絵画で溢れているという
美術館のような礼拝堂なのです。

正式な名前はジオット・ディ・ボンドーネさん。
イタリア絵画をビザンチン文化の伝統から解放し、ルネッサンス絵画の開花を
促した近代美術の祖といわれるほど、絵画の世界に革命を起こしたらしいです。
そんな革命家のフレスコ画が壁面を覆っているという礼拝堂、
覗いてみたくなりますよね?

ガイドブックには「48時間以上前に予約が必要」と書いてあったけど…
当たって砕けてみました(*´∀`*)

パドヴァ36エレミターニ教会エレミターニ教会

『エレミターニ教会』の前でタクシーを降り、少し奥へ入ると博物館があり、
チケットはここで購入。あっさりと切符が買えましたよ〜。

パドヴァ37博物館

ガイドブックの情報を鵜呑みにして諦めなくてよかった。
市立博物館の入場料と併せて12ユーロ。シニア料金なし。
予約料1ユーロ、トクしました(*´∀`*)
                               つづく
                               VOL.93



ジョットの鐘楼2『ジョットの鐘楼』1996年撮影



   応援してねっ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント